Article

【GLXP】アストロボティック、NASAから12万5千ドルを獲得

Image credit: Astrobotic Technology

Image credit: Astrobotic Technology

民間による月探査賞金レース(Google Lunar X-PRIZE)のトップを走るアストロボティックは4/3、NASAの中小企業革新研究プログラム(Small Business Innovation Research Program)のフェーズ1賞を受賞し、12万5千ドルを獲得した。

NASAは、月の極地で氷や他の揮発性物質の調査を行う同チームのローバー技術、特にそのオペレーティング・システムに一定の評価を下し、さらなる開発に期待を寄せた形だ。

 

あのNASAとはいえ、宇宙に関する研究を一手に担うことはできない。常に先端技術の研究をしている企業とコラボレーションをして、次のイノベーションを生み出していく。

このNASAのSBIRというプログラムはそうした国単位でやりきれない研究を中小企業のレベルでこなしている会社に対して、一件あたり上限12万5千ドルで助成金を出している。

こうした細切れの援助をNASAから受けることで資金的にも、お墨付きがつくという意味でも大変意義のある今回の受賞である。

This Post Has 0 Comments

コメントを残す