Article

プラネタリーリソーシズ、宇宙望遠鏡の開発資金1億円をクラウドファンディングで調達

 

Image credit: Planetary Resources

Image credit: Planetary Resources

小惑星資源開発会社のプラネタリーリソーシズ社は5/29、クラウドファンディング最大手のキックスターター上で、宇宙望遠鏡の開発資金100万ドル(約1億円)を調達すると発表した。

公開から一日で目標金額の半分の50万ドル(5000万円)を4000人から集めた。勢いはなかなか衰えず、ファンディングの成功も時間の問題だと考えられる。

同社は実際の資源開発までに数フェーズを設定していて、今回の宇宙望遠鏡開発はその第一弾となる。

これを用いて資源が豊富な地球近傍小惑星を発見するというのが第一の目的だ。

 

10ドルから支援ができ、25ドル(2500円)出せば、世界に一枚だけの宇宙写真がもらえる。

以下の写真のように、宇宙望遠鏡に付いているディスプレイに事前に送った自分の写真を映しだして、地球を背景にした写真を撮る。

宇宙好きな人にとってはかなりそそるリターンになっているのではないだろうか。現に2000人以上の人が25ドルの支援を選択している。

ちなみにあと40ドル足せばHD画像にできるという。

Image credit: Planetary Resources

Image credit: Planetary Resources

クラウドファンディングの実施期間は一ヶ月。今後の展開を見守りたい。

この世界初の試みを応援したい方は以下のリンクから!私も早速25ドルを支援した。

ARKYDプロジェクト

 

This Post Has 0 Comments

コメントを残す