Article

ヴァージン・ギャラクティック、二度目の動力飛行試験に成功

Image credit: MarsScientific.com and Clay  Centor Observatory

Image credit: MarsScientific.com and Clay Centor Observatory

宇宙旅行会社のヴァージン・ギャラクティック社は9/5、同社二度目となる動力飛行試験を行った。

ロケットエンジンの燃焼時間は20秒で、高度20000メートルでマッハ1.4以上の速度で飛行した。

 

今回の成功について、同社創業者のリチャード・ブランソン氏は以下のようなコメントをしている。

「私達は、2014年の運行開始を目指しているため、今回のマイルストーン達成に満足するつもりはありません。

なお、今回の試験で、有翼機体による見事なリエントリーシステムを確認できたことにはとても興奮しました。

このシステムは現在認められる中で最も安全なリエントリーシステムです。今回の試験でそのことがしっかりと確認できました。

関係者全員に感謝します。」

 

また、同社CEOのジョージ・ホワイトサイズ氏も以下のコメントをしている。

「私達は今回の試験で、燃焼時間の向上と、翼の堅牢性のテスト、超音速下での空気力学、翼の可動部分のテストを行いました。

一回目、二回目の試験を通じ、初の宇宙飛行に向けて着々と進めていると思っています。」

 

YouTube Preview Image

This Post Has 0 Comments

コメントを残す