Article

JAXA、新型ロケット「イプシロン」を9月14日以降に打ち上げ

 

Image credit: JAXA

Image credit: JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、内之浦宇宙空間観測所から惑星分光観測衛星(SPRINT-A*)を搭載したイプシロンロケット試験機の打ち上げを2013年8月27日に予定していたが、ロケットの自動カウントダウンシーケンス中に、姿勢異常を検知し、打上げ約19秒前に自動停止した。

イプシロン試験機の打ち上げ中止の原因究明・対策の結果及び、再点検の状況を踏まえ、打ち上げを2013年9月14日、もしくはその日以降に行うこととなった。

*SPRINT-Aは地球を回る人工衛星軌道から金星や火星、木星などを遠隔観測する世界で最初の惑星観測用の宇宙望遠鏡。

This Post Has 0 Comments

コメントを残す