Article

SpaceX、10/7の打ち上げにGOサイン

Image credit: SpaceX

SpaceXは本日行われた事前ミーティングにおいて、当初予定されていた10/7(日本時間10/8(月)AM9:35)の打ち上げにGOサインを出した。

打ち上げの模様はSpaceX HP及びNASA TVで中継される。

 

今回予定されているミッションはCRS-1(First Cargo Resupply Service Mission)と呼ばれるもので、今年5/22に行われたSpaceXによる民間初のISS物資補給デモンストレーションに続く、初の「商業」物資補給ミッションとなる。

積む予定となっている約450kgの物資の内容も、前回はISSへの補給能力を証明する目的だけだったためセンサーばかり積んでいたのに対し、今回は宇宙飛行士の生命維持に関わるもの、また科学実験用のサンプル等とアップグレードし、JAXAのHTV、ロシアのプログレス、ESAのATVといったISS物資補給船の仲間入りを果たすことになる。

いわば前回は「試し撃ち」で今回からが「本番」ということになる。

SpaceXは前回の成功を受けてNASAから4億4千万ドルにのぼる契約を勝ち取ったが、その期待に応えられるかが焦点となってくる。

 

SpaceXCEOのイーロン・マスク氏は、Google+ Hangoutで先日行われたNASAのチャールズ・ボールデン長官との会談において、今回の打ち上げに対して次のようなコメントをしている。

「私は勿論、今回の打ち上げがスムーズに問題なく進むことを願っているが、SpaceXがISSへ宇宙船を打ち上げるのはまだ二回目でしかないということを皆さんに思い出してもらいたい。突然打ち上げが中止される可能性もあれば、何らかの問題が生じて失敗することもあるだろう。しかし、我々はそうした可能性を少しでも小さくすることに全力を尽くすつもりだ。」

 

前回の打ち上げでは何度も何度も打ち上げが延期されたが、今回は予定通りに事が運ぶことを願う。

ちなみに今回はISSにJAXAの星出宇宙飛行士が長期滞在中で、補給船Dragonの中にも入るそうなので、無事ISSへドッキングした後もしばらくは目が離せないだろう。

This Post Has 0 Comments

コメントを残す