Article

ナノラックス社、国際宇宙ステーションへの宇宙実験が100件を突破

Image credit:NANORACKS

Image credit:NANORACKS

国際宇宙ステーションの宇宙実験をワンストップで提供するナノラックス社は2013年10月9日現在、国際宇宙ステーション(ISS)へ合計で109機もの実験用のスペースの供給に達成したと発表した。

 

先日行われたCOTSプログラムの1つであるオービタル・サイエンシズ社の「シグナス」によるISSへの物資補給では、ナノラックス社の11件分の宇宙実験機器が搭載されていた。

 

ISSの実験スペースを一部借り、そこにラックを詰めて、実験用スペースを顧客へ切り売りしており、主にスタートアップや国内外の宇宙機関、フォーチュン500、学校、大学などの研究機関が対象となっている。

 

もっとも最近の実験では先端宇宙科学センター(CASIS: Center for the Advancement of Science in Space)からの補助金をいくらか受けて、学生宇宙飛行プログラム(SSEP)による学生実験を行った。

 

同社のCEOであるジェフ・マンバー氏は

“ISSにおける商用宇宙利用の新時代を担っていけることにわくわくしている。加えて更に100機のペイロードの搭載を達成できるよう、今後もNASAや他のISSパートナーと協力していけることを楽しみにしている。”

と述べている。

This Post Has 0 Comments

コメントを残す