Article

ブルー・オリジン、推力45000kgのロケットエンジン燃焼実験に成功

Image credit: Blue Origin

 

世界最大のECサイトAmazonの創業者として知られるジェフ・ベゾス氏が宇宙事業も手がけていることをご存知だろうか。

彼が率いるブルー・オリジン社が推力45000kgの液体燃料ロケットエンジンの燃焼実験に成功した。

 

同社はSpaceX社などともにNASAの商業有人輸送プログラムのパートナーとして選ばれている。

今回の実験もそのプログラムの一環であり、成功を見届けたNASAの担当者は以下のように述べている。

「ブルー・オリジンはサブオービタル、オービタルへの有人飛行に向けた宇宙機開発の過程で革新を続けている。我々は今回の実験の成功に立ち会えて、とても感激した。」

 

ブルー・オリジン社は情報公開が少ないことで知られるが、少しずつ発表される情報から推測するに開発は着々と進んでいるようだ。

同社のもう一つの特徴として、SpaceXとは違いジェフ・ベゾス氏の圧倒的な資金力を背景にしたNASAに頼らない開発ということがある。

情報公開が少ないのも、つい最近までNASAのプログラムに積極的に参加していなかったからという理由が挙げられる。

 

同社は今後の有人宇宙輸送分野において、重要なキーカンパニーとなるとおもわれるので、引き続き動向に注目していきたい。

This Post Has 0 Comments

コメントを残す