Article

エクスコア社、重要なマイルストーンを達成

Image credit: XCOR Aerospace

Image credit: XCOR Aerospace

サブオービタル宇宙船を開発中のエクスコア社(XCOR Aerospace)は3月26日、モハーベにて67秒間のエンジンの燃焼実験に成功したと発表した。

この技術は、ロケットエンジンの価格を高騰させている最大の原因の1つである「使い捨て」の常識を壊し、エンジンの完全再使用につながる

同社はプレスリリースでこう伝えている。

「これは既存の常識を覆し、我々の惑星近傍、及び太陽系に存在する豊富な資源を活用する力を秘めたゲームチェンジングテクノロジーだ。」

 

同社は今後、液体酸素タンクも使用した実際のフライト相当の燃焼実験を行うとしている。

 

This Post Has 0 Comments

コメントを残す