スペースデブリ

ESA欧州宇宙機関、スペースデブリ対策に用いる超小型衛星「クモの巣」衛星を開発

ESA欧州宇宙機関、スペースデブリ対策に用いる超小型衛星「クモの巣」衛星を開発

宇宙空間に打ち上げられた衛星は自らの運用期間を終えたあとも何十年もの間、停止した状態で軌道上に残り続ける。それらはスペースデブリとなり、他の宇宙船や衛星と衝突する危険性がある。しかし、今回寿命を終えた衛星を低軌道上から離脱し、大気圏へ突入させる新たなシステムを...