宇宙資源開発

ビゲロー・エアロスペース社、月の採掘権を米国連邦航空局に要求

ビゲロー・エアロスペース社、月の採掘権を米国連邦航空局に要求

宇宙ホテルの実現を目指しているビゲロー・エアロスペース社は、月の開発においても商業ベースの手法を取ることを米政府に求めている。   設立者のロバート・ビゲローは、年末までに月資源の採掘に関する取り決めの見直しを米国連邦航空局に要求した。 報道によれば...
業務用3Dプリンタ最大手3Dシステムズ、プラネタリー・リソーシズへの投資と連携を発表

業務用3Dプリンタ最大手3Dシステムズ、プラネタリー・リソーシズへの投資と連携を発表

  業務用3Dプリンタ最大手の3Dシステムズ、小惑星資源開発会社プラネタリー・リソーシズへの投資と連携を発表した。 3Dシステムズは、プラネタリー・リソーシズの宇宙望遠鏡アーキッド(ARKYD)の開発に対して同社の技術でサポートをする。  ...
プラネタリーリソーシズ、宇宙望遠鏡の開発資金一億円のクラウドファンディングに成功

プラネタリーリソーシズ、宇宙望遠鏡の開発資金一億円のクラウドファンディングに成功

  プラネタリーリソーシズは世界初の民間宇宙望遠鏡の開発資金を、クラウドファンディングで調達することに成功した。 6/25現在、同プロジェクトは5日を残し13800人の支援者、1億1600万円以上のファンディングをしており、キャンペーン終了までもう少...
プラネタリーリソーシズ、宇宙望遠鏡の開発資金1億円をクラウドファンディングで調達

プラネタリーリソーシズ、宇宙望遠鏡の開発資金1億円をクラウドファンディングで調達

  小惑星資源開発会社のプラネタリーリソーシズ社は5/29、クラウドファンディング最大手のキックスターター上で、宇宙望遠鏡の開発資金100万ドル(約1億円)を調達すると発表した。 公開から一日で目標金額の半分の50万ドル(5000万円)を4000人か...
プラネタリー・リソーシズ、世界最大級の建設会社ベクテルと小惑星資源開発で連携

プラネタリー・リソーシズ、世界最大級の建設会社ベクテルと小惑星資源開発で連携

小惑星資源開発ベンチャーのプラネタリー・リソーシズは4/16、ベクテルとパートナーシップを結んだことを発表した。 プラネタリー・リソーシズは先進的かつ低コストのロボット技術を用いて、月よりも近いところに存在する地球近傍小惑星の資源採掘を目指している。 ターゲッ...
NASA、小惑星捕獲計画を発表

NASA、小惑星捕獲計画を発表

NASAは4/10、独自の小惑星捕獲計画を発表した。 まず地球近傍小惑星を無人機により捕獲し、 安定した地球と月の軌道まで移動させる。 その後、宇宙飛行士を乗せた宇宙船を送り軌道上にてドッキング、飛行士による小惑星の調査及びサンプルの回収を行う。  ...