打ち上げサービス

オービタル・サイエンシズ、無人補給船「シグナス」のISSとのドッキングに成功

オービタル・サイエンシズ、無人補給船「シグナス」のISSとのドッキングに成功

  国際宇宙ステーション(ISS)へ物資輸送を行うため、米国オービタル・サイエンシズ社の無人補給船「シグナス」が2013年9月29日午後9時44分(日本時間)、ISSとのドッキングに成功した。これは昨年に民間で初めて商業輸送を達成したスペースX社に次...
ブルー・オリジン、スペースXによる39Aパッド独占使用に対し、NASAに抗議文を提出

ブルー・オリジン、スペースXによる39Aパッド独占使用に対し、NASAに抗議文を提出

本メディアでも以前、退役したスペースシャトル打ち上げ施設39Aパッドの使用権をめぐって、イーロン・マスク氏率いるスペースX社とジェフ・ベゾス氏のブルー・オリジン社が争っていると取り上げたが、抗議文の提出により、正式にNASAはどちらに39Aパッドを任せるべきか...
スイス・スペース・システムズ、デブリ除去衛星クリーンスペース・ワンに16億円を投資

スイス・スペース・システムズ、デブリ除去衛星クリーンスペース・ワンに16億円を投資

スイスに拠点を置き小型人工衛星打ち上げシステムを開発するベンチャー、スイス・スペース・システムズ(以下SSS)は9/10、スイス連邦工科大学ローザンヌ校が計画中のデブリ除去衛星「クリーンスペース・ワン」に対し、開発費、及び打ち上げ費16億円(CHF 15M)を...
【TED:堀江貴文】宇宙は誰にでも当たり前に行ける場所になる

【TED:堀江貴文】宇宙は誰にでも当たり前に行ける場所になる

 普段本メディアで取り上げている海外の宇宙ベンチャーの中でも、ロケット開発をする輸送系ベンチャーは大抵シリコンバレーのエンジェルが自身の資産も多く投資して立ち上げることが多い。スペースXのイーロン・マスク氏(Paypal、Tesla)、ブルーオリジンのジェフ・...
イーロン・マスクVSジェフ・ベゾス 〜退役したスペースシャトル打ち上げ施設の使用権をめぐって〜

イーロン・マスクVSジェフ・ベゾス 〜退役したスペースシャトル打ち上げ施設の使用権をめぐって〜

  1967年、アポロ計画のロケットを打ち上げて以来、スペースシャトルの退役まで現役で活躍していた打ち上げ施設の「39Aパッド」が売りに出ている。 NASAはその凍結されたパッドを10月1日までに貸したいと望んでいる。その日までには同パッドの維持費を...
ポール・アレン氏率いるストラトローンチシステムズ、新しい機体のデザインを発表

ポール・アレン氏率いるストラトローンチシステムズ、新しい機体のデザインを発表

マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏率いるストラトローンチシステムズが、新しい機体のデザインを発表した。 同社は、空気の濃い高度まではボーイングの747を改造した機体で上昇し、空気が薄くジェットエンジンが使えなくなる高度からはロケットを使うことで低コスト...
ファルコン9の再使用を目指すスペースX、実験機グラスホッパーの二回目のテストに成功

ファルコン9の再使用を目指すスペースX、実験機グラスホッパーの二回目のテストに成功

  ファルコン9の一段目に、通常9本のエンジンを束ねて使うところ、1本だけつけたこの実験機はグラスホッパーと呼ばれる。 この実験機は将来ファルコン9を再使用型ロケットとするための技術実証を目的としている。 11/1に行われた二回目のテストで、グラスホ...